Search

赤猫丸平の片付かない部屋

Une chambre mal organizée

押上1丁目のすみ切り地区 東京の栞(123)

墨田区押上1丁目の東側(西側は東京スカイツリーと押上駅)を歩いていて、少し奇異な感じがした。区画が整然としているうえに、どの交差点も「すみ切り(隅切り・角切り)」がなされているのである。

123_1 押上1丁目のすみ切り地区(すみ切り概念図)bis
「すみ切り」とは、交差点の見通しを良くし、自動車等が安全かつ円滑に進行することができるように、角地の隅を三角形に切り取って道路とすることである。自治体によって細部は異なるが、東京都の場合、幅員がそれぞれ6メートル未満の道路が交わる角敷地は、敷地の隅を頂点とする長さ2メートルの底辺を有する二等辺三角形の部分を道路としなければならない(東京都建築安全条例第2条)。

123_2 押上1丁目のすみ切り地区
123_3 京島との比較
都内についてすみ切りを明文化した東京都建築安全条例の制定は1950年なので、それ以前に(無秩序に)都市化した地域ではすみ切りがなされていないことが多い。通常、建物を建て替える際に順次すみ切りが実施されるのであるが、押上1丁目の東側はある時期に区画整理とすみ切りが一斉実施されたらしく、近くの京島地区と対照をなしている。

123_9 押上1丁目のすみ切り地区19571010

123_9 押上1丁目のすみ切り地区196306261957年10月10日撮影の航空写真(上)ではまだ区画整理とすみ切りが実施されていないが、1963年6月26日撮影のもの(下)では完了している。出典:国土地理院「地図・航空写真閲覧サービス

押上1丁目の東側では新しい建物だけでなく、古い木造モルタル造の建物もきちんとすみ切りがなされている。しかも、条例の最低基準(2メートル)を上回る、余裕をもったすみ切りである。当時、まちづくりに意欲的な人物がいたのだろうか。
123_4 押上1丁目のすみ切り地区(2018_0430_134755_stitch)
押上1-26-6。
123_5 押上1丁目のすみ切り地区(2018_0430_134841_stitch)
押上1-26-8。

123_6 押上1丁目のすみ切り地区(2018_0430_134341_stitch)
123_7 押上1丁目のすみ切り地区(2018_0430_134117)
123_8 押上1丁目のすみ切り地区(2018_0430_134131_stitch)
すみ切りされた狭小な角地に立つ「工藤商店ビル」。東京都墨田区押上1-43-12。2018年4月30日。

 

Leave a Reply

Name *

Email *

Website

© 2018 赤猫丸平の片付かない部屋 . All Rights Reserved.